×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

加齢臭の原因

加齢臭になる原因って何なのでしょう?

加齢臭は、40歳以降に急激に発生する事をなるノネナールという物質が原因だといわれています。加齢臭と呼ばれる理由は、40歳以前の人にはあまりみられず、年をとると起きることが多い体臭だからです。実は、40歳をこえる頃から体内で分泌される脂肪(悪者扱いされがちですが、体にとってはなくてはならないものです)酸の量が増加します。

そして、その脂肪酸が酸化することで発生するのが、ノネナールといった物質なのです。それで40歳以降に加齢臭が発生してしまうわけですね。元々、体臭が薄いと言う名前の日本人は、欧米人と比較すれね加齢臭もほとんどないといわれていました。

ところが、肉食文化の浸透で、脂質の多い食事を好む人が増えたため、体内の脂肪酸もより増えて、加齢臭が強くなっているのではないかと考えられています。つまり、加齢臭は食生活によって改善出来るとされているのです。

また、昨今の過剰な除菌・滅菌を促すCMによって、体臭(汗や雑菌(黴菌と表現することもあります)の繁殖)に敏感な人が増えたというのも、加齢臭が騒がれ始めた一因になります。