×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

加齢臭対策にはミョウバンがいい

加齢臭対策には、ミョウバンがいいというのは本当なんでしょうか。ミョウバンには消臭効果があり、その消臭効果は加齢臭にも有効とされています。ミョウバンは漬け物に使用されますから、スーパー(激安を売りにしているスーパーがとても人気を集めているようです)マーケットなどでも簡単に入手することができますし、自分で簡単にミョウバン水を作ることができるはずです。

漬け物に使うことでも分かる通り、人体にも無害なものなので、安心して毎日でも使用する事ができますね。ミョウバンには消臭作用だけじゃなく、制汗作用や殺菌作用もあることから、加齢臭の対策になる他にも、汗の臭いを防いだり、雑菌の繁殖を抑制することもできるのです。

ミョウバン水は、水2Lに対してミョウバン50グラムを混ぜることで原液が簡単に作れます。使用時には、この原液を20倍くらいに薄めて、体全体に噴霧するのみで効果を得ることができるはずです。

原液のままなら常温でも長期間の保存が可能ですから、一度にまとめて作っておくといいかもしれません。でも、薄めたものは冷蔵保存して、早急に使い切るようにしてください。

加齢臭はどんな臭いがするの?

加齢臭とは、どれくらいの臭いなのでしょうか?

加齢臭の原因となっているのは、ノネナールといった物質だといわれ、これは万人に共通ですから、加齢臭もみんな同じ臭いのはずですよね。それでも、実際にには、各個人それぞれの体臭もあるので、それらと混じり合って結果的に人によって違う臭いになってしまっています。そのため、加齢臭は一概に「どれくらいの臭い」とは言いづらいものなのですが、ノネナール自体の臭いは、ちょっとツンとした刺激のある、セメダインみたいな臭いだと表現されていると思います。

その臭いに、汗臭さや体臭などが混じり合うとあって、いずれにしても悪臭であることは間違いないでしょう。加齢臭は暴飲暴食をしていたり、頻繁に喫煙する習慣があったり、不潔だったりすると、ますます強く不快な臭いになってしまいます。それに、シャワーではなく湯船(いわゆるバスタブのことです)に浸かっていたり、定期的に運動をして汗をかいていると、加齢臭が軽減されるので、個人差がとても大きいです。

50代でもほとんど加齢臭がしない人もいれば、30代なのに加齢臭らしき臭いがする人もいることでしょう。また、アンモニア臭や甘い臭いがする場合には、加齢臭ではなく病気が原因の体臭(どんな臭いが体からするのかは個人差がありますし、その臭いに対する反応も人によって違うものです)かもしれません。

伊藤潤一式口臭消滅プログラム